TSUKUBA CITY ロンT

¥4,000
テイクアウト
最短受取:2022年12月08日 07:00頃

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※営業時間・受け取り店舗についてはこちら

営業時間・お受け取り店舗について

お受け取り可能な営業時間

  • 07:00〜18:00
  • 07:00〜18:00
  • 07:00〜22:00
  • 07:00〜18:00
  • 07:00〜18:00
  • 07:00〜18:00
  • 07:00〜18:00
  • 07:00〜18:00

お受け取り住所

茨城県つくば市 天久保3丁目21−3 星谷ビル2-A

連絡先

070-5577-6324

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

【TSUKUBA CITY ロンT】

○コラボ
同シリーズの「CITY」Tシャツは各市町村で一ヶ所だけ、販売拠点を持つオリジナルTシャツです。「TSUKUBA CITY Tシャツ」をTsukuba Place Labで販売するきっかけになったのは、新しいものが生まれる場「おもてなしラボ(http://omotenashilab.com/)」の鳥海孝範さんがSAKURA CITY Tシャツを着ていたことでした。それは、千葉県市川市のDEPOT CYCLE&RECYCLE(https://depotgoods.thebase.in/about)の店主湊誠也さんがデザインした「ICHIKAWA CITY Tシャツ」の兄弟商品でした。そこで、Tsukuba Place Lab代表堀下がTSUKUBA CITY Tシャツの制作を提案。このコラボが実現し、TSUKUBA CITY Tシャツ他、同シリーズのロンT、パーカー、マスクが生まれました。

○服のコンセプト
柔らかい生地を使用した肌触りの良いロンT
素材は綿で清涼感があり通気性が高く夏にぴったり
ユニセックスアイテム
袖丈が長め

○詳細説明
・made in china
・綿100%
・カラー 2色(白・紺)
・サイズ展開 S,M,L,XL,XXL

S: 肩幅43cm/着丈64cm/袖丈60cm
M:肩幅44cm/着丈69cm/袖丈62cm
L:肩幅48cm/着丈73cm/袖丈61cm
XL:肩幅52cm/着丈77cm/袖丈62cm
XXL:肩幅56cm/着丈81cm/袖丈63cm

○ギフト包装詳細
普段使いもできるコットン製のギフトバックにお包みいたします。
ギフト包装をご希望の方は「ギフト包装(店舗受け取り用)オプション」から「ギフト包装」を選択してください。

○店舗受け取り詳細
・決済画面にてご希望の受け取り日時をご選択ください。
・決済後、受け取り日時確定のメールにて受付完了とさせていただきます。
・ご希望の日時に商品のお渡しができない場合はメールにて調整させていただきます。
※貸切中や臨時休業日(3連休以上の連休)はお渡しできない可能性があります。
必ずTsukuba Place LabのHPの「公開カレンダー」より最新の営業時間をご確認の上、ご希望の受け取り日時をお選びください。
毎日7:00〜18:00営業中。
*水曜日のみ夜22:00まで営業。

LabのHPはこちら→https://tsukubaplacelab.com/

ショップの評価

通報する

Tsukuba Place Lab

“みんなでつくる、みんなの場“というコンセプトのもと、2016年の着想から、クラウドファンディング、DIY、4日間に渡るオープニングイベント…とたくさんの方を巻き込み巻き込まれながら創業し、運営を続けてきました。創業から5年半で延べ17,000人以上もの方がご利用くださっています。「異なる価値観が出会う、アイデアを共有できる場。人と人とを繋ぎ、やりたいことを実現していくための場」を提供するため、年間350本以上、累計1,700本以上のイベントを企画運営し、エネルギー溢れる場を、まさに“みんなでつくって“育んでいます。 Labという場を通じて、より多くの人が挑戦できる社会を実現したい。そして挑戦を本気で応援し合える文化を醸成したいと考えています。Labはこれからもコラボレーションと実験を繰り返し、「あらゆる挑戦を応援する場」であり続けます。